© shoko-kawamura.com

靈氣とはエネルギー療法の一種で「手当て」とも呼ばれる日本発祥の民間療法で、1922(大正11)年肇祖臼井甕男先生が鞍馬山で見つけられました。正式名を心身改善臼井靈氣療法と言います。宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取る施術者がパイプとなってエネルギーを通して増幅し患者に与えます。靈氣は宗教とは全く関係なく手軽にできるという事で戦前には100万人以上の実践者がいました。

直傳靈氣は肇祖臼井甕男先生(1865-1926)が治療を目的として行っていた靈氣療法を弟子の林忠次郎先生(1879-1940)がそのままの形で受け継いで、1938(昭和13)年山口千代子先生に受け継がれた海外の影響を全く受けていない直伝の靈氣です。山口千代子先生の四男の忠夫先生は兄弟の中でも特に体が弱く、山口千代子先生の靈氣を受けて育ちました。その靈氣を山口忠夫先生(1952~)が山口千代子先生から受け継がれ、一緒に始められたのが直傳靈氣です。

現在世界ではレイキアライアンス、ラディアンス、臼井式など沢山の種類のレイキがありますが99.9%が西洋の影響を受けているレイキです。直傳靈氣は希少な日本育ちの靈氣です。

直傳靈氣の西洋レイキの違いについて

直傳靈氣


林忠次郎先生から山口千代子先生に直伝に伝えられた靈氣です。海外の影響は一切受けていません。治療をメインとし、手に感じるヒビキ(病腺)の箇所に手を当てて施術します。また、病はその人の心の在り方も影響していると五戒に沿った生き方を勧めています。


西洋レイキ

ヒーリングなどの癒しをメインにしている場合が多いです。チャクラという言葉が使われたり。手のポジションが決まっている事もあります。また、西洋レイキの中にはドラムを鳴らしたり、体の全面を撫でまわすだけの技法を使ったレイキもあります。